乳がん早期発見啓発「ピンクリボンキャンペーン2016」

FLIP B AVEDAでは毎年、乳がん早期発見啓発ピンクリボンキャンペーンに参加しています。

毎年10月「ピンクリボン ビューティファイング ハンドクリーム」が発売されます。

数量限定|10月1日~10月31日

ピンクリボン ビューティファイング ハンドクリーム

150g  3,400円(税抜)
通常製品より25g増量で200円分お得です。
※数に限りがありますので、お早めにご来店ください。

毎年10月に世界規模で開催される「乳がん早期発見啓発キャンペーン」。アヴェダも期間限定のピンクリボン ハンドクリームを発売し、乳がん患者支援グループへの募金を募ります。

ハンドリリーフ1本の売上につき200円が日本における乳がんに関わる複数の支援団体に、4ドルが北米の「 乳がん研究基金」に寄付され、乳がん早期発見の啓発、医療の発展、及び乳がん患者のために役立てられます。

2016pinkribon

「乳がん研究基金」は、1993年にエヴリン・H・ローダーによって設立された非営利団体で、世界各地の医療研究施設が行っている乳がんの臨床・遺伝子研究に資金を提供しています。

乳がんの知識啓発活動とは?

毎年10月、アヴェダは、ピンクリボン限定製品の売上の一部を乳がん研究基金に寄付しています。今年もピンクリボン シャンピュア ハンドクリームの1本あたり$4の売上を乳がん研究基金(BCRF)*に寄付します。同基金は、1993年にエヴリン・H・ローダーによって設立された非営利団体で、世界各地の医療研究施設が行っている乳がんの臨床・遺伝子研究に資金を提供しています。

ピンクリボン

アヴェダは、地球環境とそこに共生する動物に対しても配慮しています。ですから、乳がんの知識啓発キャンペーンで集まった募金は、アヴェダの使命に沿って、乳がん発生の原因や関連性に環境がどのように影響しているか(たとえば、有毒化学製品や汚染物質への露出時間)を探る研究* に活用されています。これまでの長年にわたるアヴェダの募金により、環境露出と乳がんに対する遺伝的感受性の相関関係の研究を行っているニューヨークのコロンビア大学の研究プロジェクトに資金が提供されています。今後集まった資金は、このプロジェクトまたはこれに関連したプロジェクトの支援に当てられます。

変化をもたらすために、力を合わせましょう。2001年以来、私たちは乳がん研究基金に300万ドルを超える寄付金を贈呈しています。ここには、企業としての寄付金だけでなく、毎年10月に実施されるアヴェダ ネットワークの募金活動を通じて従業員やお客様から寄せられたお金も含まれています。

*BCRFへの年間最大寄付額:30万ドル

※転移のない局所的な乳がんと診断された女性が、5年間相対的に生存する確率は98%。がんが近くのリンパ節に転移(限局期疾患)または離れた場所のリンパ節や臓器に転移(遠隔病期)した場合、生存率はそれぞれ84%と24%まで落ち込みます。

出典:http://bcrfcure.org/res_faq.html#statistics.




コメントは受け付けていません。